オンライン受講規約

オンラインレッスン受講規約

英語のcoto.(以下、「甲」という)は、甲が提供するオンラインレッスン(以下、「本サービス」という)の利用者(以下、「乙」という)が本サービスを利用するにあたり、以下の利用規約(以下、「本規約」という)を定め、乙は本サービスへの登録をもって本規約に同意したものとみなす。
乙が未成年の場合は、その保護者が契約者(以下、「丙」という)となり、丙は乙の本サービスへの登録をもって本規約に同意したものとみなす。

第1条 契約の成立

  • 乙(乙および丙)が甲の規約を確認した上で、乙が必要事項を正確に甲のホームページから登録することで、本サービスへの登録が完了する。
  • 甲が提供する本サービスは前払い制であり、乙(丙)はこれを理解し、甲の定める受講料を甲が定めた時期・決済方法に従い支払わなければならない。
  • 甲により乙(丙)が入金した金額が規約通りであることを確認できた時点で甲と乙(丙)の契約は成立する。

第2条 個人情報の保護と開示

  • 本契約に際し甲が収集した個人情報に関しては、原則として以下の目的のみに利用する。

(1)乙(乙および丙)に対するサービスの案内、情報提供を行うため。

(2)乙(乙および丙)より照会を受けた内容に回答するため。

  • 甲は法令により公的機関から個人情報の開示を求められた場合、情報を開示することがある。

第3条 契約期間

  • 契約開始日から受講終了日までを契約期間とする。

第4条 学習指導の形態

  • インターネット上で行うオンラインレッスンとし、予約を受けた時間に、一人の講師が原則として一人の受講生に対して指導を行う。

第5条 使用範囲

  • 乙(乙および丙)は、本コースを自己の学習の目的としてのみ使用するものとし、第三者へ開示してはならない。
  • 乙(乙および丙)は甲より配布された教材の複製、頒布、販売、譲渡、貸与を行ってはならない。
  • 乙(乙および丙)は本コースの教材を含む全部又は一部の修正、それを基にした派生的制作物・二次的著作物の作成したり、ホームページ等へアップロードし公開してはならない。

第6条 本サービス提供方法

  • 乙は甲から送られたURLよりユーザー登録をする。
  • 乙はホームページの予約システムにログインし、授業日時を予約する。
  • 甲はウェブミーティングソフトzoomによるオンライン授業を提供する。
  • 乙は初回受講時に甲より送られたURLをクリックしzoomアプリケーションをダウンロードする。
  • 乙は二回目以降の受講時は甲より送られたURLをクリックし受講を開始する。

第7条 動作環境

  • 乙(乙または丙)はスムーズなインターネット環境、ヘッドセット(マイクとスピーカー機能)、パソコン(タブレットも可)を自身で用意するものする。
  • zoomウェブミーティングソフトが動作するOS:

•Mac OS X with MacOS 10.6.8 / Snow Leopard以降のバージョン 

•Windows 10

•Windows 8 or 8.1

•Windows 7

•Windows Vista with SP1 以降のバージョン 

•Windows XP with SP3 以降のバージョン 

•Ubuntu 12.04 以上のバージョン 

•Mint 17.1 以上のバージョン 

•Red Hat Enterprise Linux 6.4 以上のバージョン 

•Oracle Linux 6.4 以上のバージョン 

•CentOS 6.4 以上のバージョン 

•Fedora 21 以上のバージョン 

•OpenSUSE 13.2 以上のバージョン 

•ArchLinux (64-bit のみ)

第8条 受講予約

  • 乙は受講希望日時の24時間前までに予約システムから予約をするものとし、予約システムからの予約のみを有効とする。

第9条 受講予約キャンセルの取り扱い

  • 乙が受講予約のキャンセルを希望する場合は、開始予定時間の6時間前までに行うものとする。
  • 開始6時間前を過ぎた後のとキャンセルは認めず、振り替え授業・受講料の返金は行わないものとする。

第10条 遅刻の取り扱い

  • 乙がレッスン開始時間に間に合わない場合、講師は10分間待機するものとする。
  • それを過ぎた場合はそのレッスンは消化されたものとし、振り替え授業・受講料の返金は行わないものとする。

第11条 本サービス対象外事項

  • 本サービスを受けるために必要な乙側の機器については乙の責任で準備するものとする。
  • 但し、甲は乙の求めに応じ、必要な情報は甲の知る範囲内で乙(乙または丙)に提供するがその結果の責任は負わないものとする。
  • 甲は乙のインターネット、PC環境については責任を持たない。

第12条 本サービスによる賠償責任の制限

  • 本サービスは学習成果を確約するものではない。
  • 乙による個人情報の登録のミスにより甲からの連絡が届けられない場合の乙の損失について、甲はその責任は負わない。
  • 甲の責に起因しないシステム障害・本サービスの不履行については甲は一切責任は負わない。(
  • 例:乙側のシステムトラブル、プロバイダー、インターネット、zoomの障害、停電、天災による影響など)
  • 甲が定める手順・セキュリティ手段等を乙が遵守しないことに起因して発生した損害についても甲は一切責任を負わない。
  • 本サービスの利用によるデータの消失または機器の故障等、その他本サービスに関連して行われた事により(乙または丙)が被った損害につき、甲は賠償する責任を一切負わない。

第13条 サービスの中断

  • 授業の実施に必要なインターネット環境に障害・作動不良等が発生した場合、その他授業を行うことができない事態が起きた場合は、役務の提供を中断することがある。
  • 中断する場合は、あらかじめその旨を乙に通知するものとする。但し、緊急かつ止むを得ない事情が発生した場合はこの限りではない。
  • 役務の提供を中断した場合、甲はできる限り補講を行う。
  • 補講を行った場合は出席の可否にかかわらず授業料の返金はしない。
  • 補講ができない場合は、甲は中断となった授業分の授業料を乙(丙)へ速やかに返金するものとする。乙(丙)の契約した役務をできないことにつき、甲の責めに帰す事由がないときは、この限りではない。

第14条 役務を提供できないときの取り扱い

  • 甲は、乙(丙)の契約した役務を甲の責に帰すべき事由により提供できないときは、休講とし、できる限り補講を行う。
  • 補講を行った場合は授業料の返金はしない。
  • 補講ができない場合は、甲は乙(丙)に休講分の授業料を速やかに返金する。
  • 但し、申込者の契約した役務をできないことにつき、乙の責めに帰す事由がないときは、この限りではない。

第15条 中途解約

  • 甲は乙(丙)が契約の解約を申し出たときは、それに応じなければならない。
  • 契約の解約 乙(丙)の申し出により、甲は受講料定価額(割引は適用されないものとする)から乙が受講したレッスン回数分を差し引いた受講料に対し、20%をキャンセル料として差し引いた残金を乙(丙)に返金しなければならない。
  • 甲の乙(丙)への返金に際し、その振込み手数料は乙(丙)が負担しなければならない。
  • 甲は乙(丙)に対し使用の有無にかかわらず教材等の買取を請求することはできない。

第16条 乙(丙)の責務

  • 乙(丙)は登録ページの範囲内で正確な個人情報を甲へ提供しなければならない。
  • 乙(丙)は本サービスを受けるために適切なPC、ソフトウェアー、アクセサリー、インターネット環境は乙(丙)自身の費用にて準備し、乙の責任にて管理しなければならない。
  • 乙(丙)は甲が提供する本サービスを受ける上でzoomのソフトを乙の責任において乙所有のPC上にインストールし、正常に動作することを確認しなければならない。
  • 乙はレッスンが始まる3分前にはPC 上のzoomを立ち上げ、教師からの連絡を待つことに同意する。
  • 乙(丙)は本サービスを受ける上で甲より提供される教材、資料について、甲の許可なく第3者に譲渡してはならない。
  • 乙(丙)固有のユーザID、パスワードは自己の責任において管理しなければならない。
  • 乙(丙)は甲の定める受講料を支払日までに支払わなければならない。
  • 乙は自己の責任において、レッスンの予約、並びにキャンセルを行わなければならない。

第17条 甲による乙(丙)への本サービス停止

  • 乙(丙)が契約を解約もしくは停止した場合
  • 乙(丙)からの受講料の支払いが無い場合
  • 乙(丙)が本規約に違反した場合
  • 虚偽の報告をした場合
  • 本サービスを妨害した場合
  • 法律、法令に違反する行為が合った場合
  • 甲の著作権を侵害した場合
  • 甲が不適切と判断した場合

第18条 損害賠償請求

  • 乙(丙)が本サービスの画像キャプチャ、録画映像、録音した音声等をいかなる理由があれ、第三者に提供、第三者が閲覧できる状態にした場合は、甲は故意過失問わず甲の被った不利益を請求する。

第19条 不可抗力による免責事項

  • 甲は、戦争、暴動、自然災害、交通機関の遅延又は不通、講師の死亡・事故など不可抗力により役務の提供、遅滞、変更、中断、もしくは廃止、その他コースに関連して発生した甲の損害について、一切の責任を負わないものとする。

第20条 紛争の解決

  • 本約款に定める事項について疑義が生じた場合、その他本約款に関して争いが生じた場合には、両者協議のうえ、解決するものとする。
  • 本契約に定めのない事項については、民法その他の法令によるものとする。

第21条 規約の範囲

  • 本規約の範囲は甲のホームページに掲載している内容に加え、メール等で甲が乙に案内する情報も含む。
  • 甲は本規約を乙への予告無く変更できるものとする。

改定日:2020 年2月1日

以上