【一般動詞・三単現】あいまいな基礎文法で英会話はもったいない!

一般動詞 主語が三人称単数の時のルール

主語が三人称単数で現在形のときは一般動詞が変形する

I run.
You run.
She runs.

現在形ではない場合のお話はこの後学んでいきますが、現在形が基本なのでしっかり押さえて、進みましょう。

この人称数で在形のときの形は三単現とも呼ばれます。

語尾に s がつく

どう変形するのかというと、基本的にはお尻にsが付きます。

runs,   plays,   walks,   stays,   gets ,   sleeps

 

動詞によってs のつき方が違う

上の例の様にそのままsが付くだけではない単語もあります。

o, ch, sh, sで終わる→語尾にes

 push, teach, pass, do
→ pushes, teaches, passes, does

子音字(a, i, u, e, o以外)+ y で終わる→yをiに変えてesをつける

 study, worry, try
→ studies, worries, tries

haveは特殊→hasとなる

TIP

付け忘れやすい三単現ですが、「間違える→間違いに気づく」を繰り返し、身につけていきましょう!
まずは、綴り上でも三単元がどう変わるかを知っておきましょう。発音上での変化についてもまた書いていきたいと思います^^