【英文の基本ルール】あいまいな基礎文法で英会話はもったいない!

英文の基本

英文には主語動詞がある

日本語は主語を省くことがありますが、英語は基本的には省きません。

I am Japanese.

I have a ticket.

 

一つの主語に述語動詞は一つだけ

述語動詞って何?

例えば、こちらの文:

私は泣く妹と一緒に走った

この文の骨組みは「私は走った」
主語が「」で述語動詞は「走った」となります。
「泣く妹と一緒に」は、「私は走った」に追加された情報であり、
泣くは動詞ではありますが、述語動詞ではありません。

動詞には「be動詞」と「一般動詞」の2種類ある

I am Japanese.  (=のはたらきをするbe動詞)

I have a ticket.   (動きを表す一般動詞)

 

動詞は主語によって形が変わる

be動詞   beの一つだけ
(主語に合わせての7つの形に変化する be,  am,  are,  is,  was,  were,  been)

一般動詞 たくさんある
(変形は単純なものが多い talk,  talks,  talked )

 

大文字にするルール

  • 文の最初の一文字は必ず大文字
  • 一人称の「I」は必ず大文字
  • 固有名詞(人名、地名、建物の名前など)の頭文字は必ず大文字

日常会話フレーズ out of order

海外ではよく見かける
“OUT OF ORDER”
よく色々なものが故障している 笑

order には秩序・調子・順序という意味があります

秩序を求めて出す命令もorder
また、注文(オーダー)もそこからきています

調子が狂ったという意味で

故障中

そしてこれは

順番が狂って」という意味にもなります


反対に in order は  

順番どおりに」を意味します

例)
The machine is out of order.

この機械は故障中だ。

The cards are in order.
カードは順番が揃っています。

【品詞の種類】あいまいな基礎文法で英会話はもったいない!

嫌いにならないで!
実はシンプル
「品詞の種類」

代名詞、接続詞、、
こういう言葉を聞くだけで、なんだか嫌になっちゃいますよね。わかります!

ここでは、それぞれの品詞をご紹介しますが暗記しようとする必要はありません!

単語に出会ったときに「品詞はなに?」と気にするようにしてみてください。

そのうちに、自然と気になるようになります。

私の生徒さん方も「これは〜詞だから、、」と呟きながら英文を組み立てたりしています。

今は、こんなのがあることを知っておくだけでOK♪

勉強する中で、混乱したらこのページに戻ってきてください^^

※品詞は主語・目的語などの文の要素とは別モノ
文の要素については↓
品詞と混同してない?「文の要素」を理解する


名詞

物(人・物事)の名前
数えられる名詞・数えられない名詞に分けられる

例)
flower 花      →数えられる
happiness 幸福 →数えられない


動詞

動作や状態
例)
run 走る / sleep 寝る


形容詞

名詞について詳しく説明する
例)
beautiful 美しい  /  strong 強い

a beautiful flower きれいな花
花(名詞)を詳しく説明


副詞

名詞以外を詳しく説明する

例)
beautifully 美しく /  very とても

You run very beautifully.
あなたはとても美しく走る

走る(動詞)を詳しく説明
美しい(形容詞)を詳しく説明

代名詞

名詞の代わり

例)
he 彼は  /  your あなたの


冠詞

名詞の前で、その名詞が特定された物か、特定されていないかを表す

例)
the car    特定された車
a car     特定されていない車


助動詞

動詞の前に置き、話し手の考え、判断を表す
can, will, may, should, must など

例)
He can swim. 彼は泳げる。


前置詞

名詞(代名詞)の文中での働きや他の語(句)との繋がりを表す
on, in, at , for など

例)
The book is on the table.
本は机の上にある。


接続詞

語(句)や節(主語+動詞で構成されるかたまり)をつなげる
before, because, and など

例)
I study before dinner.
私は夕食の前に勉強する。


間投詞

話し手の感情を表す
oh, well など

例)
Oh, I forgot.
あら、忘れた。


やっていくうちに絶対に慣れていくので、
ストレスに感じないでくださいね^^

ご質問などお気軽にどうぞ♪

【文の要素】あいまいな基礎文法で英会話はもったいない!

「文の要素」を理解する

英文を組み立てる要素
主語・動詞・目的語・補語

※「文の要素」と「品詞」は別モノです!
品詞についてはこちら↓
嫌いにならないで!実はシンプル「品詞」

では「文の要素」についてそれぞれ見ていきましょう。
英語名の頭文字のS / V / O / C で表されることもあります。


主語 S


「〜は・〜が」となる部分


I
eat fish.     私は魚を食べる。

 

動詞 v

「〜する・〜である」となる部分

I eat fish.         私は魚を食べる

 

目的語 o

動詞の目的(動作が及ぶ対象)

I eat fish.         私は魚を食べる。

 

補語 c

主語や目的語を説明する(主語や目的語と=となる)

You are kind.         あなたは親切だ。
You  =  kind.          あなた  =  親切

 


初歩の文法は侮られがちですが、全ての土台になっているので、本当に大切です。

皆さんが効率的に学べる様に、
文法についても、少しずつ書いていこうと思います^^

ご質問などお気軽にどうぞ♪

日常会話フレーズ It’s okay.

日常会フレーズ万能なIt’s okay.

’It’s okay’は場面によって、またはトーンによって色々な意味で使えます。

「ごめんね」に対して、「ありがとう」に対して
「いいよ、大丈夫、平気」という場面は日常でよくありますよね!

 

何かの感想を聞かれて、「まあまあ」という時にも使えます。

注意したいのはこの”okay”
日本ではポジティブなイメージしかないですが、
この様な場面ではそこまで良くもない「まあまあ」です。

 

昨日、小学生の生徒さんのに
How are you?と聞いたら
“I’m okay.”と返ってきました。

これも「まあまあ」であり良くはないという意味です
疲れてたのかもしれませんね^^;

How are you? に対して”I’m fine.’以外で答えられるのはかっこいいですね^^

日常英会話フレーズ I will have the same.

日常英会話フレーズ

I will have the same.「同じものをお願いします。」

今日はレストランで使える日常英会話フレーズです。

一緒にいる人が先に注文したものと同じものを頼む時の

I will have the same.
「同じものをお願いします。」

ちょっとかっこいいですよね

sameは「同じ」という形容詞でもありますが
ここでは「同じもの」という代名詞として使われています。

willは比較的シンプルですが、助動詞の応用表現は、生徒さん方がよく苦戦されるところです。

中学ではあまり深くは触れられないですが、助動詞は表現の幅をかなり広げてくれるためとても重要なので、私は瞬発作文トレーニングで生徒さんにしっかりマスターしてもらっています!

何度も一緒にやっていると皆さんすぐ使える様になります^^

過去分詞「〜し終わった」完了の意味をもつ

形容詞と扱われる過去分詞

過去分詞は名詞がどんな状態かを説明できる

例えば a broken cup は「割れたカップ」という意味になります

自動詞の過去分詞は「~し終わった」という完了の意味をもちます

break「壊れる」の過去分詞 broken は「割れ終わった=割れた」

このように、動詞としての性質が薄れて形容詞と扱われる分詞も多くあります

辞書ではbrokenは形容詞として「割れた」とも出てきます

フローズンヨーグルトのfrozenも同じ!

frozen「凍った」は形容詞と扱われますが

元々は freeze「凍る」の過去分詞です

凍り終わった=凍った


ちなみに、警察のセリフでよくある「動くな!」も”Freeze!”です
直訳すると「凍れ!」ですね 笑

読んでいただきありがとうございます^^
ご質問などがあればお答えします♪

6:00〜23:00自宅から受けられる
オンライン基礎文法プライベート
6週間・短期集中講座

ただ今、8,000円割引中です

Pretenderの意味

PretenderはPretend(フリをする)人

会話や映画でよく聞く

pretend 動詞
~のフリをする 

~erがついて「~する人」となる単語はたくさんあります

singer(シンガー)とか、swimmer(スイマー)もそうですね♪

pretendする人 pretender

あの歌は、君の彼氏になった自分を想像したけどダメだったって意味でしょうか

読んでいただきありがとうございます^^
ご質問などがあればお答えします♪

6:00〜23:00自宅から受けられる
オンライン基礎文法プライベート
6週間・短期集中講座

ただ今、8,000円割引中です

 

expand TOEIC頻出単語

expand 意味は、
~を拡大する・~を広げる・~を発展させる・広がる

TOEICにも頻出します

では、この文の意味は?
▶︎They expanded their business.

expandの過去形は、expanded
「彼らは事業を拡大した。」という意味になります。

 

他にも

expanded edition :CDや出版物の増補盤

expand on an idea:アイディアを膨らませる

expand one’s vocabulary:語彙を増やす
(このone’s はmyやyour, hisなど「誰々の」の意味)

コンピューター用語では、拡張する・展開するという意味や圧縮ファイルを解凍する時にも使われます


せっかくなので、名詞形も覚えましょう

名詞形expansion 

お尻に-sionがついて名詞になる単語はたくさんありますよ!

このようにお尻につくもの(接尾辞)で、
初めて見る単語でも、意味や品詞が何かわかるようになるので、

また紹介していきます♪

そういえばオーストラリアの高校時代の数学でもexpandが出てきました。
「問:次の式を展開せよ。」こんな感じの時だったと思います。

数学は苦手だったので記憶が消えかかっていますが、単元の名前が「マトリックス(Matrix 行列)」だった時は、なんかかっこいい〜とテンション上がりました。笑

 

読んでいただきありがとうございます^^
ご質問などがあればお答えします♪

6:00〜23:00自宅から受けられる
オンライン基礎文法プライベート
6週間・短期集中講座

ただ今、8,000円割引中です

behind前置詞のイメージ

英会話、TOEIC、ジャンルを問わずよく出る単語behindについて

こんにちは!これから英語を学ぶ方へ、ゆる〜いマンガと共に、
暗記が大変な単語や表現とその使い方などなどをご紹介していきたいと思ってます♪ちょっと楽しく覚えていただけたら嬉しいです。

英会話での実用性を重視し、TOEICによく出るものなども扱っていきます!

 


早朝に現れたお化けのメリーさんのセリフを英語にすると:

I am behind you.
私はあなたの後ろにいます。

behindは 

前置詞として、
また副詞として使われます

訳としては「後ろに」

ですが、前置詞は訳よりもイメージとしてつかむのが大切です。

behind は 背後に・後ろに のイメージを持ってください!

これはメリーさんの場合のように
”物理的な背後”の他にも、
”時間的な後ろ”にも使われます。
例えば、

The train is ten minutes behind schedule.
電車は10分スケジュールより後ろにいる
=電車は10分遅れている。


会話でよく聞くのが、

「危ない!後ろ!!」というときの
“Behind you!” 

「舞台裏の」という意味で
behind the scenes

「美女と野獣のメイキング」は
Behind the scenes on “Beauty and the Beast “
と言ったりします。

最後に、behindは口語で「お尻」も意味します。婉曲表現ですね。

ちなみに、ヒップは日本ではお尻を意味しますが、英語でhipは骨盤や股関節を指し、お尻の意味ではありません。

 

読んでいただきありがとうございます^^
ご質問などがあればお答えします♪

6:00〜23:00自宅から受けられる
オンライン基礎文法プライベート
6週間・短期集中講座

ただ今、8,000円割引中です